虫歯の治療費用について|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

虫歯の治療費用について

虫歯の治療費用について

虫歯治療にかかる費用は虫歯の進行によっても左右されます。歯のエナメル質のみに進行している初期段階では、歯を削り詰め物を被せることで治療が完了します。

白い詰め物はコンポジットレジンと呼ばれる歯科用のプラスチックであり、保険適用範囲内での治療が可能です。3割負担で1500円から3000円ほどになり、大きく削る必要がなければ安い費用で治療できます。歯型を取る必要がなく、歯に直接盛り付けて成形できるため、治療も1日で完了します。

虫歯の進行が初期段階から進み、象牙質まで到達している場合の治療費用は、3割負担で2000円から1万円ほどとなります。深い所まで進行していると歯を大きく削ることになり、コンポジットレジンでは対応できなくなるのが特徴です。深く削るとインレーやクラウンなど歯型の制作を行なう必要があるため、患者さまの負担額も比例して高くなっていきます。

インレーやクラウンは使用する材質によっても費用が異なります。保険適用の銀歯が一般的ですが、人工ダイヤモンドと呼ばれるジルコニアの素材も主流になりつつあります。強度や審美性が高い分、保険適用外のため患者さまの負担が高く、インレーで約4万円から7万円、クラウンで6万円から16万5000円ほどかかるのが特徴です。二ケイ酸リチウムガラスを主成分とする新しいセラミック素材のe-maxも保険適用外となり、インレーで約6万6000円、クラウンで約13万円となります。

虫歯が象牙質よりも奥まで進行して神経まで到達してしまった場合、歯の神経を抜く「抜髄」の治療が必要になります。大変な治療ですが、こちらは保険適用されるため7000円から2万円ほどで治療可能です。虫歯は初期段階であればあるほど、治療費用も安く抑えることができ、患者さまの負担も少なくてすみます。削る歯の量も軽減することができるので、歯に違和感があればすぐに歯科に相談しましょう。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日