インプラント治療ができないケースとは|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

インプラント治療ができないケースとは

インプラント治療ができないケースとは

自分の歯がなくなってしまっても、半永久的に使える人工歯を入れることができる歯科インプラント治療。入れ歯のようにこまめな調整やつくり替えの必要もなく、ブリッジのように隣接する歯に負担をかけずに行えることが、インプラントならではのメリットのひとつとして知られています。

口腔内に違和感を感じずに自分の歯と同じように扱えるインプラントは、安定性・咬合力・審美性にも優れた治療方法として、世界各国で取り入れられています。しかし、インプラントは、患者さんの顎の骨や身体の健康状態の条件によっては、そもそもの治療ができないこともあるため、インプラント治療を検討している方や将来的にインプラントがしたいと考えている方は、できるだけ早めにかかりつけの歯科医師に相談してみるのがおすすめです。

一般的に、インプラントの治療ができないケースに該当するのは、虫歯や歯周病を患っている場合、妊娠中や妊娠を計画している場合、高血圧・心疾患・骨粗しょう症・糖尿病などの全身疾患や持病がある場合、チタンアレルギーを持つ場合などです。また、顎の骨が薄い・骨の密度が足りない・骨の幅が足りないなど骨になんらかの不安が残る場合もインプラント治療が難しくなりますし、ニコチンによる血流阻害などの影響が懸念されるため、喫煙者の方にもインプラント治療はあまりおすすめとは言えません。

もちろん、インプラント治療を行なっている歯科医院によってもインプラント治療への考え方や可能な処置などが異なってくるので、これらが該当しない場合もあります。例えば、虫歯や歯周病などがある場合は、インプラントの治療をはじめる前に適切な処置を取ることでインプラント治療が可能となることもありますし、骨に不安がある場合は、ソケットリフト・サイナスリフト・ソケットプリザベーション・スプリットクレストといった骨の形成に関する処置を施すことでインプラント治療が可能になる場合もあります。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日