インプラントとブリッジの違いは|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

インプラントとブリッジの違いは

インプラントとブリッジの違いは

歯を失う理由には、虫歯・事故・病気などさまざまなものがありますが、失った歯を別のかたちで取り戻すという点で共通しているのが、差し歯・入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの治療方法です。このなかでも、差し歯は、歯根が残っている場合にのみ可能な治療方法です。それに対して、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3種類の治療方法は、歯根がない場合に行われる治療方法となります。

入れ歯は、みなさんがすでにご存知のようにご家庭でも気軽に取り外しができる治療方法のひとつでもあります。そして、インプラントとブリッジは、人工歯根や人工歯などをずっと装着したままとなる固定するタイプの治療方法です。しかしインプラントとブリッジには、治療が可能な条件や外科手術の有無などのいろいろな違いがあるので、簡単にご紹介していきたいと思います。

一般的にインプラントは、歯を失った部分に埋め込む人工歯根、接続部分、ネジ構造の義歯からなるものです。1年から2年ほどの治療期間を必要とすることや身体の健康状態や顎の骨の状態などによっては治療が困難となることがブリッジとの大きな違いですが、単数の歯でも複数の歯でも同様の治療が可能になっています。

ブリッジは、失った歯に隣接する歯を土台にしてつながった被せものを装着します。インプラントの治療とは違い、一連の治療が短期間で終わることや保険の適用ができる場合はリーズナブルに治療が行えることなどが魅力です。一方で、支える役目を持つ両隣の歯が健康な状態でないと、治療そのものができなくなってしまうこともありますし、ブリッジを装着するために両隣の歯のかたちを削って整え、両隣の歯の虫歯などの治療を済ませるなどの事前の準備が必要になります。

インプラントとブリッジには、それぞれにメリットとデメリットとなる特徴があり、どちらの治療が適しているかという点をしっかりと検討していく必要があります。インプラントとブリッジに興味がある方は、ぜひ、かかりつけの歯科医師に相談してみましょう。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日