小児歯科の料金は|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

小児歯科の料金は

小児歯科は子ども専用の歯科医院なので、一般の歯科医院よりも治療費が高いイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょう。このように、小児歯科の治療費が気になる家庭は多いかもしれません。ここでは、小児歯科の治療費について解説していきます。

まず、小児科医の治療費は、自治体によって異なる場合が多いことを知っておきましょう。小児医療費助成は子どもの治療費に適用される助成制度で、もちろん小児歯科にも適用されます。ところが、この小児医療費助成制度は全国一律ではなく、市町村単位となる自治体で異なってきます。助成額は全く医療費が必要ない自治体もあれば、一部負担の自治体もあります。また、制度の適用には所得制限のある自治体と無い自治体があります。

さらに、制度の対象年齢も0歳~3歳までの自治体があれば、0歳~15歳までと幅広く設定している自治体もあります。そして、小児医療費助成制度を利用するには、自治体での申請手続きが必要です。小児歯科の料金については、自治体で小児医療費助成制度の内容が異なりますが、それ以外にも自由診療となる、予防治療ではそれぞれの小児歯科で治療費の料金設定が可能となっています。ですから、同じ自治体内でも自由診療の場合は、治療費が高いケースと安いケースが存在してしまうのです。

因みに、自由診療となる予防治療の料金の一例を挙げてみましょう。「フッ素塗布:1,080円」「フッ素塗布(2歳未満):510円」「PTC(プロフェッショナル・トゥ-ス・クリーニング):1,080円」と、一般的な予防治療の料金は高額ではありません。小児歯科の治療費が高額だといわれているのは、矯正治療を行なった際になります。この矯正治療は、数万円から数十万円の幅があり、治療内容もパターンが多くあります。

ですから、小児歯科で矯正治療を行なうなら、医師にしっかり相談しましょう。矯正治療を行なわないのであれば、自由診療の料金も先ほどが参考価格なので、「高額だ!」とは感じにくいかと思います。さらに、保険適用となる虫歯の治療などは、小児医療費助成制度の違いがあっても、何万円もの「高額な料金」になることはありません。どうしても子どもの歯科治療費に不安のある人は、予め通う予定の小児歯科に電話などで事前に、料金を確かめておくことをおススメします。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日