インプラントのデメリット|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

インプラントのデメリット

インプラント治療のデメリット

今回は、インプラント治療を行なうにあたってのデメリットについてお話していきたいと思います。インプラント治療は、歯周病や外傷で失ってしまった歯の機能を回復させるために行なわれる治療のひとつですが、治療をするにあたってどのようなデメリットがあるのでしょうか。

考えられるデメリットのひとつとして、感染症のリスクがあることがあげられます。インプラントは、もともとある健康的な歯と違って歯根膜という歯根と骨を介している膜がないため、細菌が侵入しやすくなっています。放置してしまうとインプラント周囲炎といってインプラント治療を行なった周辺組織が炎症を起こしてしまい、インプラントが抜け落ちてしまうことがあります。歯周病と同様に、痛みを伴わないため自覚症状が現れにくく、進行速度が早いため早期発見と定期的なメンテナンスが重要です。

せっかく取り付けたインプラントの寿命を縮めてしまう原因になりかねないので、事前にインプラント周囲炎を防ぎインプラントの寿命を保つためにも、治療後のメンテナンスは非常に重要になります。しっかりとケアを続ければ、10年後にも高確率でインプラントは残っているので、セルフケアと合わせてメンテナンスを行ないましょう。

また、インプラント治療のデメリットとして治療費が高額といった弱みがあります。インプラント治療は保険適用外となるため、患者さまの負担する額がどうしても大きくなってしまいます。支払方法によっては一度の負担を軽減することも可能ですが、保険適用の治療法に比べると高額になってしまいます。高額と感じる一方で、正しく治療を行ないメンテナンスを続けることで長期に渡ってインプラントを使い続けることができます。失ってしまった歯の機能を回復できれば、これまでのように快適な食生活や健康的な日常生活を送ることができるので、価値のある治療のひとつと言えるでしょう。

インプラント治療にかかる費用は医院によってさまざまですが、歯科医院にて費用や支払い方法をよく確認のうえ、治療法をご検討下さい。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日