乳歯(小児歯科)の生え変わり|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

乳歯(小児歯科)の生え変わり

乳歯が生えてくるのは生後6ヵ月ごろからで、まず下の前歯から生え始めます。その後、順番に生えていき3歳ごろには全てが生え揃い、上下合わせて20本の乳歯が生え揃います。次に乳歯は永久歯に生え変わりをしていきます。乳歯の生え変わりの時期は、ほとんどの場合で6歳ごろになるので、乳歯が20本全て揃っている時期は約3年と意外に短い期間となっています。

6歳ごろから12歳ごろまでに乳歯は永久歯に生え変わり、14歳ごろには永久歯が全て揃うことになります。乳歯の生え変わりの順序は、まずは最初に下の歯が抜けて永久歯が生えてきて、ほぼ同時期に「6歳臼歯(きゅうし)」と呼ばれる奥歯の「大臼歯(だいきゅうし)」が生えてきます。この「大臼歯」には、乳歯が存在しないので生え変わるのでなく、新たに永久歯として誕生する歯として有名です。乳歯が生え揃う時期に個人差があるように、乳歯から永久歯へと生え変わる時期も個人差があるので、他人と比較して要らぬ心配をしなくても大丈夫です。

乳歯から永久歯への歯の生え変わりのポイントとしては、乳歯が抜ける前に永久歯が生えてくると、永久歯が所定の場所に生えることができず、歪んで生えてしまうケースがあります。これは、噛み合わせや歯並びを阻害する要因になるので、小児歯科で乳歯を抜歯してもらうことをおすすめします。乳歯は大体12歳、遅くても14歳くらいまでには生え変わりますが、13歳や14歳になっても乳歯が抜けない場合は「大人乳歯」と呼ばれる、良くない状況になっています。永久歯が作られていないなどの原因が考えられますので、歯科に相談し検査をしてもらいましょう。

また、乳歯が抜けたのに、なかなか永久歯が生えてこないケースもあります。一般的には、乳歯が抜けて永久歯が生えてくるまでに、3ヵ月程度必要といわれていますが、記録では生え変わりに1年を要した例もあるようです。あまりにも長い間、永久歯が生えてこない場合は、歯科医院へ相談することをおすすめします。今回は、乳歯の生え変わりについて、詳しく解説してきました。乳歯と永久歯が混在する期間は数年あります。その間に、乳歯も永久歯も虫歯にならないケアが必要です。乳歯が虫歯になっても「どうせ生え変わるから」と放置しておくと、永久歯まで虫歯になる可能性が高くなります。混合時期に乳歯が虫歯になったら、しっかり治療しておきましょう。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日