インプラントの寿命について|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

インプラントの寿命について

インプラントの寿命について

高額な治療費を支払って施術するインプラント治療では、埋め込んだインプラントは半永久的に使用できると思われる方も多くいらっしゃるでしょう。ですが、残念なことにインプラントにも寿命があります。一般的にインプラントの平均寿命は、約10年~15年といわれています。

これは、埋め込んだインプラント自体が壊れるのではなく、インプラント体と呼ばれるあごの骨と結合する部分が外れてしまった時が、インプラントの寿命といわれています。ただし、この寿命も平均的なものであり、長い場合だと20年以上でも大丈夫な場合がありますし、逆に5年ほどで寿命がくるケースもあるので、個人差があるといってよいでしょう。

もちろん、インプラントの手術後もきちんとメンテナンスをしていれば長持ちしますし、メンテナンスをしないで放置しておけば寿命は短くなってしまいます。そうは言っても、一般的な入れ歯と比較するとインプラントは長寿命なのです。インプラントは義歯であり、カンタンに言ってしまうと、超上質な入れ歯ともいえます。同じ義歯となる一般的な入れ歯や、ブリッジなどの差し歯と比較して見ると、一般的な入れ歯は約4年~5年、ブリッジによる差し歯は、約7年~8年が寿命といわれています。こうして比較して見ると、義歯の中ではインプラントが最も寿命が長いことが分かります。

さらにインプラントは見た目も使い心地も、普通の歯と同じように使用できるメリットがあるので、優秀な義歯を選ぶなら、インプラントの方がおススメとなります。また、せっかく高額な費用をかけて治療したのですから、できるだけ長くインプラントを使用したいものです。そのためには、定期的なメンテナンスをしっかり受けましょう。インプラントのメンテナンスが不十分な場合、「インプラント歯周炎」と呼ばれる歯周病になり、寿命が短くなってしまいます。特に、スモーカーの方は、インプラントの手術の成功率が低いといわれています。

その理由は、インプラントと骨がしっかり結合する確率が下がるからです。スモーカーの方がインプラント治療を行なうなら、禁煙した方が成功率は高くなりますし寿命も長くなります。インプラントにも10年~15年の寿命があることを知って、残念に感じている方もいらっしゃるでしょう。ですが、メンテナンスをしっかり行なえば、もっと寿命を延ばせるかも知れません。いずれにしても義歯の中ではインプラントが長寿命ですから、メンテナンスに通いやすい歯科医で治療を行なうことをおススメします。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日