小児の虫歯予防|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

小児の虫歯予防

お子さんの歯を守るために、歯みがきだけで十分だとお考えでしょうか。実は、歯みがきだけではお子さんの虫歯を100%予防することは難しいのです。そこで、小児の虫歯予防について詳しく解説しましょう。

まずは、小児期の虫歯ができるメカニズムを見てみましょう。歯を守るエナメル質が薄いので、乳歯の歯の表面はとても弱くなっています。乳歯から永久歯に生え変わっても、初期の永久歯も乳歯同様にエナメル質が薄いので虫歯になりやすい状況にあります。そもそも虫歯は、ミュータンス菌と呼ばれる細菌によって起こります。砂糖を代表とする「糖質」は、ミュータンス菌が酸を作る材料となっています。甘いお菓子や、ジュースなどをたくさん食べたり、ダラダラと長い時間をかけて食べたりしていると、虫歯になりやすい環境を作ってしまいます。

口の中にミュータンス菌が存在していて、そこに糖分が加わるとミュータンス菌が集まって、歯の周りにプラーク(歯垢)が作られます。そして、糖分が分解されて酸を作り出し歯の表面を溶かしていくのです。溶けた歯の表面を放置しておくと、さらに悪化することとなり穴が開いて虫歯となってしまいます。これが、虫歯ができるメカニズムです。では、乳歯が虫歯にならないためには、どのような予防をすると良いのでしょう。ここからは、小児の虫歯予防についてお伝えしましょう。最も効果的なのは甘いお菓子やジュースは食べない、飲まないことがベストです。ですが、お子さんに甘いものを禁じるのは不憫です。

そこで、甘いものを食べる時は、早く食べ終えてしまうことがポイントになります。時間をかけてダラダラと食べていると、虫歯になりやすい環境を作ってしまうのです。また、食べる量もキチンと決めて、食べ過ぎないようにすることも重要となります。歯みがきも入念に行なう必要がありますが、小学生になっても親が歯みがきをしていたのでは、子どもの成長に良くありません。お子さんがキレイにしっかり歯を磨けるように、歯みがき指導も重要となってきます。小児の虫歯予防として効果的なのは、歯医者にて「フッ素塗布」を施してもらうことです。

フッ素塗布を行なうことで、乳歯の薄いエナメル質をフッ素がカバーして、歯質を強化することが可能です。また、奥歯などには「シーラント」と呼ばれる薄いプラスチック素材を埋めることで、虫歯予防ができます。ただし、強化したから甘いものを大量に食べて良い訳ではありません。甘いものを摂取する管理や、歯みがきなどは虫歯予防には必須となってきます。ベストなのは、定期的に歯科医院に通って、クリーニングや点検をすることです。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日