インプラント手術は痛みはあるの?|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

インプラント手術は痛みはあるの?

インプラント手術は痛みはあるの?

インプラントは、義歯をアゴの骨に埋め込んでしまう治療法です。通常の入れ歯よりも、安定感があり他の歯をキズつけることもありません。埋め込むとなると大がかりな手術になるので痛みについて考えたとき、怖いところがあるのは間違いないでしょう。そこで、インプラントの治療時にはどのような痛みがあるのかを解説しましょう。

冒頭にも「手術」とお伝えしていますが、実は親知らずの抜歯も手術に含まれます。複雑で痛みを伴う親知らずの抜歯では、歯ぐきを切開して抜歯するので意外に長い時間を要します。一方でインプラントの場合は、親知らずの抜歯よりも短い時間で治療が終わります。複雑な親知らずの抜歯と比較すると、インプラントの治療はカンタンといってよいでしょう。また、インプラントの手術では、必ず麻酔を使います。通常の抜歯でも麻酔を使いますが、それよりも効きのよい麻酔を利用するので、アゴの骨を削っても痛みを感じることはありません。ただし、骨が削られる振動はどうしても感じてしまいます。その振動から、本来は痛みを感じないはずなのですが、痛いと感じてしまうケースもあるようです。

このように、痛みを感じやすい方には、「静脈内鎮静法」で半分眠った状態で、インプラントの手術を受けることも可能です。全身麻酔とは異なるので、リスクも少なくて済みます。ただし、インプラントの手術が終わり、麻酔が切れてくるとやはり痛みを感じてしまうので、100%痛みを感じない訳ではありません。なので、手術後は痛み止めが処方されるので、薬で痛みを抑えるようにします。痛みには個人差があり、手術後いつまで痛みを感じるかは確定できませんが、一般的には2~3日程度痛みが続くでしょう。

インプラントの手術後に、「腫れ」に不安を抱いている方も多いようです。手術の方法にもよりますが、骨の量が十分にありインプラント治療の本数が少ない場合は、滅多に腫れることはありませんので、ご安心ください。インプラントを埋める個所の骨の量が少ない場合は、GBR法・サイナスリフト・ソケットリフトの手法によって、骨造成を行ないます。

この処置を施した場合は、腫れを伴うケースが多くみられるので、この違いはしっかり把握しておきましょう。インプラントの手術時には、麻酔によって痛みを感じることはありませんが、術後は痛み止めを服用しないと、強い痛みを感じてしまいます。痛みが続く期間は個人差がありますが、一般的なケースよりも長く痛みが続く場合は、痛み止めを追加で処方してもらう必要があります。その後の通院のことを考えると、できるだけ通いやすい歯科医院であり、信頼、安心できる歯医者で治療したほうがよいでしょう。いつでも、何かあったら直ぐに相談できる歯科医での治療がベストです。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日