人工歯に使われる材質|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

人工歯に使われる材質

人工歯に使われる材質

ひと昔前の歯科治療では歯の詰めものや人工歯の装着と言えば、銀歯や金歯が主流となっていました。最近は、歯科医療の発達や人工素材の進歩などにより、人工歯にもさまざまな材質のものが登場してきています。実際に、歯科医院での虫歯治療やインプラント治療の際などにも、従来通りの銀色の詰め物(インレー)を選ぶか、それとも、より審美性が高いレジンやセラミックなどの被せ物(クラウン)にするかという相談を歯科医師としたことがある方も多くなってきているはずです。

人工歯には、合成樹脂(レジン)・セラミック・金属などを組み合わせたさまざまな材質があるので、今回はそれぞれの特徴を簡単に見ていきたいと思います。例えば、奥歯の虫歯の治療などにも広く使われているレジンは、白色のバリエーションが豊富で、天然歯と馴染みやすいところが魅力です。また、リーズナブルに治療ができる素材としても知られています。

一方で最近、人工歯の主流となりつつあるセラミック素材は、時間が経過しても変色の心配が少なく、本物の歯のような透明感と光沢が再現できる素材です。あまりにも強い負荷がかかると割れる可能性があるため歯ぎしりが癖になっている方には不向きとされていますが、耐久性と審美性のバランスがよく、前歯などの目につきやすい歯の治療に広く使われています。

さらに、レジンとセラミックを組み合わせたハイブリッドセラミック、人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアとセラミックを組み合わせたジルコニアセラミック、金属とセラミックを組み合わせたメタルボンドなどもよく使われています。ハイブリッドセラミックは、金属を取り入れたメタルボンドなどに比べるとやや耐久性や長期間の審美性には劣りますが、自由診療の人工歯のなかでも抜群のコストパフォーマンスを誇る素材です。ジルコニアセラミックは、人工歯のなかでは価格が高めですが、本物の歯の質感に近く審美性と強度面でもメリットが高い素材として知られています。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日