インプラント治療について|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

インプラント治療について

インプラント治療について

はじめに、インプラントとは人工的につくられた医療器材のことで、それらを用いて人の体内にインプラントを埋め込む治療をインプラント治療といいます。人工関節や美容成形で体内に埋め込むシリコン等もインプラントになります。歯科においてのインプラントは、「デンタルインプラント」や「歯科インプラント」などと呼ばれていますが、失ってしまった歯の機能を取り戻すためにアゴの骨に金属でできた歯根を埋め込み、その上から人口歯を被せて治療を行ないます。現在では、欠損歯における治療としてインプラント治療のほかに、ブリッジ治療や入れ歯などが主流となっています。その中でも今回はインプラント治療を取り上げてお話ししたいと思います。

インプラント治療は、虫歯や歯周病のほかに外傷により歯を失ってしまった場合に用いられる治療ですが、一本からすべての歯がなくなった場合まで幅広く治療を行なうことができます。

またインプラント治療の特徴として、ブリッジや入れ歯に比べてもともとある健康的な歯に負担をかけずに、自分の歯に近い機能をもって再建できることが挙げられます。歯科インプラントの治療では主に3つの部品を使用します。フィクスチャーと呼ばれるネジ状の人工歯根部分と、人口歯根と人工歯を連結させるアパットメント、人工歯の3つを使用しますが、治療の際には健康的な歯を削ったり、義歯を安定させるために装置をつけたりすることもないので、ほかの歯に負担をかけずに治療することができます。

また歯科インプラントの基本的な治療方法として、大きく分けて2つの方法があります。ひとつは1回だけ手術を行なう1回法と、2回に渡って手術を行なう2回法があります。1回法では歯肉の切開が1度だけ行なわれますが、2回法では2度歯肉の切開が行なわれます。1回法は、アゴの骨や歯茎が十分にないと治療ができないため、どちらの手術法になるかは担当の歯科医の判断によります。気になる方は一度、歯医者で検診や診断を受けてみましょう。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日