小児の虫歯治療|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

小児の虫歯治療

お子さんが虫歯になったとしたら、どうしますか?乳歯なら抜け変わるから、そのままで問題ない。そう思われる家庭も多いかも知れません。お子さんが痛がっていなければ、あまり気にしないでしょう。ですが、小児の虫歯治療はとても重要なのです。小児期の虫歯は放置しないで、しっかり虫歯治療することで永久歯にも良い影響をもたらします。小児期はほとんどが乳歯ですが、乳歯ならではの虫歯の特徴もあります。乳歯で虫歯になりやすいのは、奥歯の歯と歯の間です。見た目では分かりにくいので、急に穴があいて気が付くことが多いです。

また、虫歯になると歯が茶色や黒色に変色するイメージが強いですが、乳歯の場合は白いまま虫歯が進行していきます。このことも、乳歯が虫歯であることに気づくのが遅れる原因となっています。さらに、小児期では虫歯になってもあまり痛みを感じることがありません。ここまでをまとめると、奥歯の歯の間にできやすく、歯の色が白色なので親が見ても気づくことができません。

そして、子どもが痛みを感じないので、自己申告もないまま乳歯の虫歯は進行していくことになります。もしも、乳歯の虫歯をそのまま放置しておくとどうなるのでしょう。乳歯の虫歯をそのまま放置していると、永久歯がキレイに生えてくることができないケースや、永久歯自体の歯の色が変色するケースもあります。また、虫歯が酷い場合は歯の根の周辺に「うみ」が溜まってしまうので、これから生えてくる永久歯にさまざまな悪影響を及ぼします。乳歯から永久歯への生え変わりは、全てが完了するまでに数年かかります。

その間に乳歯が虫歯になると、永久歯が変な方向に生えてしまい、歯並びを悪くする原因となります。結果として、小児期の虫歯はキレイに虫歯治療を行なう必要があります。小児の虫歯治療にはさまざまな治療方法があります。初期の虫歯であれば、「シーラント法」「フッ素塗布」を施します。歯の治療にはランクがあり「C0・C1・C2」の場合は、虫歯自体を削ったり、シーラント材などを詰めたりします。「C3・C4」になると重傷で、既にズキズキと痛みを感じているはずです。この場合は、歯の根を治療しなければなりません。このように、乳歯だから、どうせ生え変わるからと放置せず、小児期の虫歯治療はしっかり行なうようにしましょう。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日