矯正治療の後戻りについて|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

矯正治療の後戻りについて

歯列矯正は、簡単な治療でも半年以上、全体的な治療では数年という期間を要する根気が必要とされるものです。でも、じっくりと時間をかけてきれいな歯並びを勝ち取ることに対する喜びはひとしおですよね。歯の矯正治療においては、ひとりひとりのもともとのお口のコンディションに合った矯正方法を選択し矯正装置を装着中にもしっかりとメンテナンスを心がけていくことが、何よりも大切です。

矯正装置を装着中は、患者さんそれぞれが歯列矯正への意識を高く保っていることもあり、矯正後の結果を楽しみに毎日のセルフケアや定期的な通院に励んでいらっしゃいます。しかし、矯正装置を外した後の保定期間中は、矯正装置装着中と比べると気が緩みがちになってしまいます。歯の後戻りを防ぐためにも、適切なリテーナーの装着や定期的な通院を徹底することが大切です。

そもそも、矯正治療後の歯は、周囲の骨がまだ安定しておらずにとても動きやすい状態。歯が後戻りをする理由には、無意識に舌で歯を押しつけている、歯の隙間に舌を差し入れることが多いといった舌の動きの癖、これまでは生えていなかった親知らずが生えてきた影響などのさまざまな原因が考えられますが、一番の原因といわれているのは、リテーナーの不適切な使用です。

矯正装置を外した後のリテーナーの正しい使用は、矯正治療後の歯の後戻りを防ぎ、歯を正しい位置に定着させるために欠かせません。忙しく日々を過ごしている社会人や学生の方はついついリテーナーの装着を忘れてしまったり、面倒くさく感じてしまったりすることもあるかもしれませんが、きちんと歯科医師の指示通りに装着できるように心がけましょう。また、一般的に、高い技術力を要する部分矯正をした場合は、全体矯正と比べると後戻りを起こりやすいといわれています。歯列矯正開始前に、後戻りを防ぐために日々できるセルフケアなどを歯科医師に確認するとともに、歯科矯正の経験が豊富な歯科医院で矯正治療を行なうことを検討しておくとよいでしょう。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~12:00/14:00~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日