小児矯正歯科費用について|藤沢@歯科(藤沢アット歯科)の歯科コラム

046-652-7766 平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日
ご予約
電話 ご予約

Column 歯科コラム

小児矯正歯科費用について

小児矯正歯科費用について

最近では、「歯並びが、顔の印象を決める」とのことで、子どもの頃から歯を矯正治療する家庭が増えてきています。「ウチの子も歯の矯正をはじめたいけど、費用が気になる」と思われている方も多いはず。そこで、小児矯正歯科の矯正治療の費用について解説しましょう。

お子さまの歯を矯正するなら、小児矯正歯科に通うことになります。歯科矯正のタイミングとしては、大きく2つあり6歳ごろから始める「1期治療」と、12歳ごろから始める「2期治療」となります。1期治療ではまだ6歳なので、乳歯と永久歯が混在していますが、この時期に歯科矯正を行なうメリットは、あごの骨の成長が活発な時期となるので「骨格・歯並び・永久歯の生えるスペースの確保」などを行なうことができるだけでなく、治療費も安く抑えることが可能です。

1期治療で必要となる費用は、治療方法で異なってきます。床矯正装置で治療する場合は、税込約11万円~44万円。マウスピース型装置で治療する場合は、税込約11万円~55万円。拡大装置で治療の場合は、税込約11万円~44万円が相場となっています。もちろん、利用する小児矯正歯科で料金は異なってきますので、事前の相談をおすすめします。次に、2期治療は永久歯が完全に生え揃ってから行ないます。このタイミングでの治療は、永久歯を適切な位置に揃えて、歯並びや咬み合わせの改善を行ないます。

2期治療での費用も、1期治療と同じように治療方法によって異なります。表側ワイヤー矯正の治療にて、奥歯を含む歯並び全体の矯正の場合だと、税込約20万円~110万円。裏側ワイヤー矯正の治療にて、奥歯を含む歯並び全体の矯正の場合だと、税込約33万円~170万円。マウスピース矯正治療では、上下の前歯を中心とした場合なら、税込約11万円~77万円ですが、奥歯を含む全体矯正の場合になると、税込約55万円~110万円にアップします。もちろん、2期治療の治療費も通う小児矯正歯科によって異なります。いずれにしても、1期治療よりも2期治療の方が高額になってしまうのは確かです。これらのことから、子どもの歯の矯正を行なうなら、乳歯と永久歯が混合している6歳ごろを目安に行なう「1期治療」の方が、安価で確実に歯の矯正ができます。

ただし、子どものころにしっかり矯正をしても、歯みがきなどのメンテナンスを怠ると、虫歯になったり抜歯したりしてせっかくの矯正治療が無駄になってしまいます。子どもの歯の矯正治療が完了しても、定期的に通院してクリーニングしてもらうことをおすすめします。

何でもお気軽にご相談ください 046-652-7766
ご予約

平日 9:30~13:30/15:30~19:00
日曜 9:30~12:00/13:00~18:00
【休診日】祝日